やってみたいことを、自分で。

息子4歳6ヶ月、自転車に乗れるようになった!
2歳の誕生日のときから持っていた、ペダルなしバイク。
(あ、2歳のときのものと、4歳6ヶ月のときのものは、違うタイプのものです。)
しばらくは部屋の中で遊んで、その後は外で大活躍!
きれいな海を眺めたり、
雨の次の日は、大きな水たまりの中をかけ回ったり。



4歳3ヶ月。
息子が
「ペダル付けて乗りたい!」
と言い、ペダルを取り付けてみる。

一こぎも出来ずによろける。
一こぎも出来ずに転ぶ。

その後、しばらく乗りたがらなかった。
息子は、
「やっぱりペダルは外して。」
と言った。

私は、
「『まだ早いよ。』と言えば良かったかな。」
とか、
「『もう少し練習してからにしてみる?』と言えば良かったかな。」
と思った。
(このときは思っただけで言わなかった。)

息子が、
“出来なかったことでイヤになってしまうかも?”
とも思った。
4歳5ヶ月。
しばらく乗らなかった期間を通り越し、突然また乗るようになった。
なぜか、夕方は毎日ペダルなしバイクの時間。
私から「やろうか?」と声をかけた日は一度もなかった。



4歳6ヶ月。
「ペダルで乗りたい!」

私はこのとき、息子がまた自分で「乗りたい!」って思えることに、すごく嬉しかった。

そして、ペダルありでスイスイこぐ息子の動画を見て、胸が熱くなった。
(私は息子の自転車デビューをその場で見られなかったけど、動画で見ることが出来た!)
考える機会・経験する機会をうばうことのないコミュニケーション。

息子は、あのとき“出来なかったことでイヤになってしまった”のだろうか。
それよりも、“たった一度の出来なかったことを経験”して、次に自分が出来るようになるまで、また練習を重ねていた。

もし私があのとき、自分の思い込みや決めつけのある言葉をかけていたら、息子はどんな気持ちになっていただろう。

失敗しないように先回りして、そのときの一時的なモノを守るのは簡単。
失敗を経験することはダメなこと?
失敗する!と分かっていても、経験させてみる!…という考えは、“失敗=✕”と思っているから?
(と、書きながらも、コップに水を注いでいる息子に「お〜こぼれるこぼれる!」と横で言った私!!)

失敗=成功しない一つの方法!
成功しない方法をたくさん経験したら、その次はとっても嬉しい“成功”を経験するかもしれない!
#マザーズコーチング
#かかってこい夏休み
#自転車デビュー
#息子
#4歳6ヶ月
#考える機会・経験する機会をうばうことのないコミュニケーション
#思い込み
#決めつけ

0コメント

  • 1000 / 1000

大切なヒトと大切な今を生きる

*TCS認定コーチ *MCS認定講師マザーズティーチャー *PAA認定パートナーシップコーチ *保育士 *埼玉県秩父市在住 *東京都新島村式根島 曽根千尋 今のあなたで今よりもっと素敵な関係に 〜大切なヒトと大切な今を生きる コミュニケーションのヒント〜 離島生活とコーチングで、 優しさのつながりを再発見!