つまんないページ

『ざんねんないきもの辞典』

これが流行っている(いた?)のは知っていたけど、面白く読めるのは小学生くらいかな~と思っていた。


先日たまたま『ざんねんないきもの辞典』のTVバージョンを見て、

息子「もっと見たい!!」

それから毎週見ています。


図書館で検索してみると、貸出中。

予約をして、やっと届きました。

パラパラパラパラと、ページをめくりながら、

息子「この生き物は?何が残念?」

と楽しく読みました。


そしてこの日の夜。

寝る前に読む本で選んだのも、この本。

175ページもあるので、生き物のページから10ページくらい選べばいいかなと思っていたら、

息子「ここがいい。」

選んだのは序章のページでした。


とりあえずそのページを読み、メインの方のページをさして、

私「どの生き物のところを読もうか?」

と聞くと、

息子「いいの、このままここを読んで!」

私(………)



そっかー!

私はこの序章は“つまんないページ”と決めつけていました。

そして、息子も早くメインを読みたいんじゃないかと思っていました。


そのときの一言や、ちょっとした表情を逃していたら、気付けなかったことばかり。

結局この日寝る前に読んだのは序章の2ページ分だけ。


そのたった2ページには、息子にとって“楽しい!”を感じる部分がたくさん詰まっていたようで、私が読み終えたあとも、

「じゃあ、これはこうなのかなぁ?」

「これって、どんな生き物だろう?」

と、興味津々。



自分が普段どんなことを決めつけているか。

それについて考えるだけでも、コミュニケーションの学びになる!



息子「バビルサ書いて!」

と言われ、見ながら書きました…↓

0コメント

  • 1000 / 1000

大切なヒトと大切な今を生きる

*TCS認定コーチ *MCS認定講師マザーズティーチャー *PAA認定パートナーシップコーチ *保育士 *埼玉県秩父市在住 *東京都新島村式根島 曽根千尋 今のあなたで今よりもっと素敵な関係に 〜大切なヒトと大切な今を生きる コミュニケーションのヒント〜 離島生活とコーチングで、 優しさのつながりを再発見!