不安なことを言葉にする

9日間の冬休みを終え、久しぶりに登園する息子。
園に向かう車の中で、口数が少ない。

(お休み長かったしな…冬休みいっぱいあそんだしな…もしかして、行きたくないのかな。)
私はそんなふうに思っていました。
駐車場に着いたとき、息子は話してくれました。

息子「ピアニカ、今日持って行くの?」
私「ん?ピアニカ?」

この日の持ち物に“ピアニカ”とは言われていないし、おたよりにも書いていなかった。
ピアニカは“私が”持たせたものでした。

息子の不安はココだったようです。

駐車場に停めた車の中で息子と話してみると、最後はスッキリした顔で、
「今日は持って行かない。持って来てって言われてから持って行く。」
と決めていました。
持って行かないで「忘れた!」と反省したり、「持って行けば良かった!」と後悔したり、それがイヤだったのは“私”の考えでした。

そう言えば私、割りと折り畳み傘持っているし、いつも荷物多めな気がする…。

私は私、息子は息子。

5歳。
すごいな…いろいろ考えているね。 

0コメント

  • 1000 / 1000

大切なヒトと大切な今を生きる

*TCS認定コーチ *MCS認定講師マザーズティーチャー *PAA認定パートナーシップコーチ *保育士 *埼玉県秩父市在住 *東京都新島村式根島 曽根千尋 今のあなたで今よりもっと素敵な関係に 〜大切なヒトと大切な今を生きる コミュニケーションのヒント〜 離島生活とコーチングで、 優しさのつながりを再発見!