挑戦したいと思えたこと

「もしもし?」

懐かしい声の主は、小学生〜中学生の頃お世話になっていたピアノの先生。

就職が決まった年から毎年年賀状のやり取りをしていて、『鏡の中のぼく』講演会のチラシを送りご案内しました。

「とっても嬉しい!ぜひ行かせてくださいね!」
と、私もとっても嬉しい言葉を頂き、先日電話で少しお話をしました。

「今は保育のお仕事をされているのよね?」
「お母様はお元気かしら?」
「息子さんは◯歳になったのよね?」
「ピアノのことで連絡をくれて嬉しいわ!」

約20年振りに話す先生の声や口調は変わっていなくて、あの頃の思いと今の思いが混ざり合う不思議な感じがしました。
たくさんのお話をしてくださる中、
「このチラシ一枚、ある方にお渡ししてもいいかしら…?」
と。

今もピアノ教室を通してたくさんの子どもたち、親御さんと関わっている先生。
そんな中での悩みや思いを話してくれました。

「千尋さんのこの活動が、多くの方に伝わっていくことを応援していますよ。」

先生との再会、とても楽しみです。
『鏡の中のぼく』講演会↓↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000

大切なヒトと大切な今を生きる

*TCS認定コーチ *MCS認定講師マザーズティーチャー *PAA認定パートナーシップコーチ *保育士 *埼玉県秩父市在住 *東京都新島村式根島 曽根千尋 今のあなたで今よりもっと素敵な関係に 〜大切なヒトと大切な今を生きる コミュニケーションのヒント〜 離島生活とコーチングで、 優しさのつながりを再発見!